キャンプ用品 収納

キャンプ用品収納

はじめに〜キャンプ用品のギア沼にはまって困っているあなたへ

 

昨今再びブームとなっているキャンプ。

 

週末になると家族や仲間たちと、またはソロでキャンプ場に出かける方、本当に増えていますよね。

 

だけどそんなキャンプの魅力に取りつかれると、誰もがはまると言われるギア沼

 

ギア沼とは次々と新しいキャンプ道具が欲しくなってしまう、キャンパーあるあるの現象ですが、そうやって増え続けたキャンプ用品の数々、皆さんはどうやって収納していますか?

 

自宅に収納棚を用意してそこで見える保管をしたり、庭やベランダがある方はプレハブ倉庫を建てて保管したりと、色々と工夫されている事と思います。

 

でも、それでも収まりが付かなかったり、そもそもそんなスペースが用意できない方は、いっそのことレンタル倉庫(=トランクルーム)を借りてみるのはいかがでしょう?

 

 

キャンプ道具の収納にレンタル倉庫(=トランクルーム)を利用する2つの形

 

レンタル倉庫(=トランクルーム)には現在のところ2つの種類があります。

 

どちらにもメリットとデメリットがありますので、詳しく説明していきましょう。

 

店舗型レンタル倉庫(=トランクルーム)を借りてキャンプ道具を収納する

キャンプ用品収納

 

自宅に置き切れない荷物を(捨てる以外で)どうにかする、となった時に最初に思いつくのがこの「近所の店舗型レンタル倉庫(=トランクルーム)を借りる」という方法ですね。

 

最近ではレンタル倉庫(=トランクルーム)を借りるという行為自体は、ごく当たり前のことになってきたようで、全国どこでもレンタル倉庫(=トランクルーム)は存在しているようです。

 

とても便利なこのサービス、だけど利用に当たっての注意点もいくつかあります。

 

店舗型レンタル倉庫(=トランクルーム)を利用する際のメリット

キャンプ用品収納

 

とにかく自宅以外に収納スペースを確保するわけですから、自宅の空いたスペースが有効活用出来るというのが最大のメリットです。

 

キャンプ用品自体はコンパクトにまとまるモノも多いですが、それもまとまればバカにならない分量で、一緒にキャンプをしない家族などには邪険にされることも多いかもしれません。

 

そもそもキャンプ用品なんて大抵の人は年に数回しか使わないものでしょうから、そんなキャンプ道具が占有していたスペースを有効活用出来れば、家族も大助かりですね。

 

月に1〜2度の頻度でキャンプに行く人でも、レンタル倉庫(=トランクルーム)の中に収納棚を用意するなどして、シーズン毎や使用頻度毎にキャンプ用品をまとめて収納しておけば、出かける前に必要な道具だけを取り出していざフィールドへ、といった使い方が出来て便利です。

 

また、自宅近くにキャンプ用品の保管場所があることによって、ちょっと道具のメンテナンスをしたい時など、いつでも自由に預けたり取り出したりが可能です。

 

契約するレンタル倉庫(=トランクルーム)の種類によって様々ではありますが、テントなどの大型のキャンプ用品から、小物類もコンテナボックスに入れたまま収納できるのはありがたいですね。

 

店舗型レンタル倉庫(=トランクルーム)を利用する際のデメリット

キャンプ用品収納

 

レンタル倉庫(=トランクルーム)とは言ってもある程度まとまったスペースを借りる為に、やはり月々それなりの金額はかかります。特に都心部に住んでいる方の場合、近隣のレンタル倉庫(=トランクルーム)も賃料は高額になりますので、あまり大きい場所は借りられないという事になる可能性もあります。

 

さらに施設によっては保証金などが必要な場合もありますので、契約時にはまとまった金額もかかります。

 

さらに荷物の出し入れはあくまで自分でやらなければならない為、大量の荷物の出し入れはかなりの体力を使いますので、室内型でエレベータがある所を選ばないと後悔することになるかもしれません。

 

また、あまり遠い所を借りてしまうと、出し入れ自体が面倒くさくなってしまうというデメリットはあります。

 

レンタル倉庫(=トランクルーム)にはコンテナボックスを利用したタイプの施設も含め、屋外型のものと、空調や換気システムが用意された屋内型の施設がありますが、屋内型の場合、運営会社によっては荷物の出し入れ出来る時間に制限がある場合もありますので、契約の際は注意が必要です。

 

全国展開している店舗型レンタル倉庫(=トランクルーム)おすすめ4社

    加瀬倉庫/全国1,300ヶ所、65,000室以上の屋外型レンタル倉庫
    トランクルームならドッとあ〜るコンテナ
    Quraz【キュラーズ】/オリコン顧客満足度ランキング総合1位獲得
    ハローストレージ/業界初の簡単契約WEB申込

     

    宅配型レンタル倉庫(=トランクルーム)を借りてキャンプ道具を収納する

     

    宅配型レンタル倉庫(=トランクルーム)とは、指定の専用ボックスや、手持ちのダンボールに収納したい荷物を詰めて、宅配で送り(もしくは集荷)保管、取り出しも宅配で行う型のサービスです。

     

    宅配型レンタル倉庫(=トランクルーム)を利用する際のメリット

    キャンプ用品収納

     

    指定の宅配業者の配達地域内であれば利用出来る為、自宅近所にレンタル倉庫(=トランクルーム)が無い場合でも荷物の預け入れが出来るのは最大のメリットです。

     

    また、近所に店舗型のレンタル倉庫(=トランクルーム)があったとしても、車などが無いと荷物の運搬は大変です。

     

    しかし宅配型の場合は出し入れのすべてが宅配で出来る為、運搬の心配は必要ありませんし、出し入れにかかる時間も必要ありませんので、忙しくて時間の無い方にもおすすめです。

     

    さらに、引取りの際の荷物の送り先を直接キャンプ場に指定して、帰りもそこから直接出荷すれば(キャンプ場に確認は必要です)、キャンプに行く時に運搬する荷物を格段に減らし、やり方によっては手ぶらでキャンプに出かける事も可能となるため、公共交通機関を利用するキャンパーによっては圧倒的な嬉しいサービスですね。

     

    また、大抵の宅配型レンタル倉庫(=トランクルーム)の殆どは、カメラによる24時間監視体制や空調設備などが完備された施設で管理・保管を行っているなど、荷物のセキュリティは万全。

     

    さらにこれは宅配型独特のサービスですが、預け入れている荷物を専用のアプリで確認でき、必要な荷物だけを選択して取り出す(送ってもらう)といった管理が出来ます。

     

    宅配型レンタル倉庫(=トランクルーム)を利用する際のデメリット

    キャンプ用品収納

     

    すべてが宅配でのやり取りのため、その出し入れをリアルタイムで行う事は出来ません。サービスにもよりますが、取り出しは申し込んでから最短でも翌日での受け取りとなります。

     

    どこの倉庫に自分の荷物が預けられているのかは基本的に分からず、その施設への立ち入りも禁止されている為、急いでいるからと言って自分自身で荷物を取り出しに行ったりすることは出来ません。

     

    さらに宅配型の場合、あまり大きな荷物を預けるのには向いておらず、あくまでダンボールに入るサイズのキャンプ用品という縛りは出てきます。

     

    大型の荷物の場合、宅配業者が集荷に来て預け入れる形のサービス会社もありますが、その場合はそれなりの金額となりますので、店舗型のレンタル倉庫(=トランクルーム)とあまり変わらない費用がかかってしまう場合もあります。

     

    また、比較的安価なダンボール式のレンタル倉庫(=トランクルーム)でも、預け入れ時、取り出し時、保管料とそれぞれ別途費用がかかり、それぞれのサービス会社毎に色々な規定があるため、特にちょこちょこ荷物の出し入れをする場合など、思わぬ金額となってしまう場合もありますので注意が必要です。

     

    宅配型レンタル倉庫(=トランクルーム)4種データ比較

     

    サマリーポケット ミニクラ シェアクラ アズケル 宅トラ
    初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
    月額保管料

    ダンボール1箱
    250円

    ダンボール1箱
    250円

    ダンボール1箱
    100円

    ダンボール1箱
    400円

    専用カーゴBOX
    4,980円

    預け入れ送料 無料 無料 無料 無料 19,000円
    取り出し送料

    ダンボール1箱
    800円

    ダンボール1箱
    1,000円

    ダンボール1箱
    600円

    ダンボール1箱
    1,100円

    荷物による
    対応エリア 全国 全国 全国 全国 全国
    保管環境
    大型荷物 × ×

    *表示の価格はすべて税抜き表示です。

     

    宅配型レンタル倉庫(=トランクルーム)のおすすめSELECT5

     

    以下、順不同です。

     

    サマリーポケット

    キャンプ用品収納

    • 面倒な契約は一切無しで、「荷物を箱に詰めて、送るだけ」。荷物の管理もスマホ(専用アプリアリ)1つで家にいながらすべて完了。
    • 保管場所はワインや美術品を預かる保管のプロ「寺田倉庫」が管理。
    • 24時間365日温度・湿度管理と徹底的なセキュリティシステム。
    • 月額保管料250円〜+取り出し送料800円〜の安心価格。
    • かさばる布団やアウトドア用品も収納可能なラージボックスもコスパ抜群。
    • 利用スタイルに合わせたプランやボックスサイズが選択可能。
    • 「スタンダードプラン」は預けた荷物を、スマホやPCで1点ずつ写真で個別管理できる。
    • 「スタンダードプラン」なら「おまかせヤフオク!出品」、「ハンガー保管」、「クリーニングサービス」などの豊富なオプションサービスが利用可能。
    • 写真撮影管理無しのリーズナブルな価格から利用できる「エコノミープラン」も設定。

    サマリーポケットの公式サイトはコチラ
    はじめてのご利用で「保管料5か月分無料」キャンペーン中(2020年5月現在)

     

    minikura【ミニクラ】

    キャンプ用品収納

    • 月額250円〜、1箱から預けられるお手軽利用方法。
    • 1箱に20kgまでなら点数制限無し
    • 倉庫業界の老舗「寺田倉庫」が自社で管理・運営。
    • 空調・セキュリティ完備の倉庫で管理。
    • ボックス単位でマイページ管理。
    • 初期費用・預け入れ送料は無料。さらに保管期間が12ヶ月を超えれば取り出し送料(通常1,000円)も無料に。
    • 写真撮影の無いリーズナブルな「minikuraHAKO」も選択可能。
    • 同価格プランの専用ボックスでも、大きめな荷物を入れられる幅広サイズや本に特化したブックボックスなど用途に合わせた種類を選べる。
    • 「吊るし保管」、「クリーニングサービス」「ヤフオク!出品」など各種プラン・オプションが選択可能。

    mikikura【ミニクラ】の公式サイトはコチラ
    今なら新規会員登録で「1箱ずっと無料」キャンペーン中(2020年5月現在)

     

    sharekura【シェアクラ】

    キャンプ用品収納

    • 初期費用無料、月額100円〜の業界最安値料金(オプション無し「スモールボックスプラン」)。
    • 大型アイテムプラン」ならスーツケースやゴルフバック、スキーなども預けられる(東京都内限定)。
    • 保管中のアイテムが一目でわかるマイページ完備。
    • 大和ハウスグループが運営する倉庫で保管のプロが管理。
    • セキュリティーと保管環境も万全。

     

    AZUKEL【アズケル】

    キャンプ用品収納

    • 初期費用無料、箱プラン月額400円〜。
    • 預け入り時の配送料は全国どこでも無料。
    • 0.5帖〜、月額3,600円〜のスペース貸しプラン(関東のみ)もあり、家具や家電などの大型荷物にも対応。
    • 大型荷物の保管料は他社と比べても格安。
    • 有人管理、機会警備、各種防犯設備など24時間365日ハイレベルのセキュリティシステムで荷物管理。
    • アイテムを1点ごとに撮影してスマホ・PCで簡単管理。
    • 会員登録は無料で料金シミュレーションが出来る。

     

    宅トラ

    キャンプ用品収納

    • 宅配業界の大手「クロネコヤマト」が荷物の運搬から管理まで行っているから安心。
    • 全国どこでも対応(大型荷物を全国対応で預けられるのはココだけ)。
    • 家具や家電、大型のキャンプ用品も問題なく収納できる。
    • 常温・常湿管理。
    • ダンボール3つで月額1,480円〜。
    • 月額4,980円〜のカーゴスタイルプランなら、個別でダンボールをいくつも預けるよりは割安だから、荷物が多い方にはおすすめ

    宅トラの公式サイトはコチラ
    今なら「梱包サービス無料」キャンペーン中(2020年5月31日まで)

     

     

    まとめ

     

    いかがでしたでしょうか?

     

    キャンプのギア沼にはまったあなたにおすすめのレンタル倉庫(=トランクルーム)サービス。

     

    「店舗型」「宅配型」と2種類のスタイル中、おすすめはダンボール1箱から安価に気軽に利用できる「宅配型」です。

     

    一度各サイトを覗いてみてはいかがでしょう?

     

     

    使わなくなったキャンプ用品を高額買取してもらいたい方はこちら合わせてご覧ください。
    若気の至りはお金になる?アウトドア用品買取サービス10選比較

     

     

    *本サイトに記載の価格はすべて税抜き表示となっております。